上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、何はともあれ節税したい!という方にとって、

資本金をいくらにするのがいいか考えてみます。

消費税を一番安くするにはどうすればいいでしょうか?

答えは、資本金を1000万未満にすることです。

モデルプランを一つあげてみます。

1月1日に資本金が1000万未満の会社を設立したとします。

そして、1期目の売上げが年換算したときに1000万を

超えないようになる時期に事業年度を終わらせます。

すると、なんと3期目まで消費税を免税することができます。

次に、法人住民税の均等割を一番安くする方法です。

これは、資本金を1000万以内(こちらは“未満”ではない)

とすることです。

あとは、資本金が3000万超、資本金が1億円超

となるごとに、税金がアップします。

詳しくは、当事務所と提携税理士とのチームワークにより

ベストな資本金プランをご提案させて頂きます。






スポンサーサイト
テーマ:就職・転職・起業
ジャンル:就職・お仕事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。