上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個人事業の方でも、青色申告をすると、赤字が出た場合には、

その赤字を翌年から3年間繰り越すことができます。

つまり、黒字が出た場合でも、繰り越された赤字の金額まで課税所得が

発生しないことになるのです。

たとえば、創業時に300万円の赤字、2年目に100万円の黒字、

3年目に200万円の黒字という場合、3年目の課税所得はゼロです!

計算方法は、下記のとおりです。

2年目
当年の100万円の黒字-繰り越された300万円の赤字 = 200万円の赤字

3年目
当年の200万円の黒字-繰り越された200万円の赤字 = ゼロ!

では、法人の場合は?

なんと、この期間が7年間(個人事業の倍以上の期間)にわたって、

赤字を繰り越すことができます。

つまり、個人事業の場合には赤字が残っていても、

3年で捨てになってしまうのに、法人の場合には、

7年間もずっと上のような計算ができるのです。

これは、赤字の有効利用(?)といったところです。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。