上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個人事業主の方が、会社を作りますと(以下、法人化といいます)

税金面でメリットが沢山あります。

所得税は、所得が高いほど、高い税率が適用されます。

だから所得が低ければ、低いほどいいわけです。

個人事業主の方は、売上げから必要経費を引いたのが所得となります。

では、法人化するとどうなるでしょうか?

社長も会社からお給料をもらうことになります。

そのお給料は会社からすると必要経費ですので、

売上げから必要経費を引いた金額を全部、社長の給料にすれば、

会社の所得はゼロということになります。

では、次に社長の給料は、社長にとって給料所得になりますので、

サラリーマンと同じように、給与所得控除を引くことができます。

もう、お分かりになられたでしょうか?

つまり、法人化すると、個人事業のときは引けなかった給与所得控除を

課税される所得から引くことができるわけです。

もし、奥さんにも給与を支払えば、奥さんも給与所得控除を引けます。

たとえば、会社の所得(売上げから必要経費を引いた額)が1000万円で、

これを社長とその妻に500万円づつ給与として支払った場合、

個人事業主であった場合と比べると、なんと155万円7100円も

税金を安くすることができます。

これは、すごい!




スポンサーサイト
テーマ:お仕事日記☆
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。