上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もし、個人事業主が妻や子供に給料を支払った場合、

青色専業事業者として税務署に届け出をすれば、

払った給料は必要経費にすることができます。

もちろん、法人化をして、会社から妻や子供に給料を

支払った場合も、同じく会社の必要経費にできます。

では、何が違うのでしょうか?

それは、法人化した場合には、妻や子供に給料を払っても、

それが103万円以下なら、社長さんは、配偶者控除や

扶養控除を受けることができます。

しかし、個人事業主の場合には、青色専業事業主として

妻や子供に給料を払うことで、必要経費とした場合、

その社長さんは、配偶者控除や扶養控除を受けることが

できません。

結論として、法人化した場合、所得税で38万円、住民税で35万円も

事業者個人の所得から控除できることになります。

これは、かなりの節約ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。